2015年4月8日

ハイデガーと親鸞: 或る浄土真宗僧侶の作り話について.

日本人は Heidegger と仏教とを結びつけるのが好きなようだ.おそらく,Heidegger が無について語ったからだろう.確かに Heidegger は Tao [道]の概念に注目している.しかし,それは Weg [道]という語がもともと Heidegger のお気に入りであったからにすぎない.Heidegger 自身は,仏教を含むいわゆる東洋思想そのものにはさほど関心を持っていない.なぜなら,いわゆる東洋思想は,Heidegger が Geschichte des Seins [存在の史実]と呼ぶもの,即ち,実在との出会いの可能性の場処には属していないからである.

ところが,浄土真宗の教団,親鸞会は,「ハイデガーは晩年,歎異抄に驚嘆し,親鸞聖人に帰依した」と主張している:

https://www.youtube.com/watch?v=OcvzJ2-kpTI

http://www.shinrankai.or.jp/koe/090828ronbun.htm

Heidegger を読み込んだ者なら一笑に付するだけの話だが,親鸞会の上記動画をわたしに教えてくれた或る若い人はその主張を真に受けかけた.ほかの人々もひっかかる危険性がありそうなので,このまま放っておくわけにも行くまい.検証しておこう.

親鸞会の Heidegger に関する上記主張の根拠は,1963年8月6日付の『中外日報』紙に掲載された松野尾潮音氏の文章に存する.『中外日報』社が提供してくれたコピーを提示しておこう:


コピーが一部不鮮明であるので,転記しておく.漢字仮名遣い,句読点や括弧の使い方は部分的に修正してある.


“現代日本人,いや世界の人々の一番の関心と苦悩は,平和の問題に対する見通しが立たないことだと思う.キューバ問題が緊迫して,まかりまちがえば水爆戦争に突入するんじゃないかという前夜,東京新橋の芸者たちは自前で徹夜して飲んだという.人間に生まれて今まで,他人の気がねばかり気づかって,お酌ばかりしてきた.それでは死んでも死にきれない.ひとつ今晩大いにやろうというので,仲間だけで飲んだ.幸い戦争が避けられて,明朝は頭の痛いのと莫大な勘定だけが残ったという.しかし笑いごとではない.誠実に人生を生きようとしない今日の刹那的感覚のみに明け暮れていたのでは,このように取りみだすのも無理はない.
“常に私どもの頭の上には平和問題が覆い被さっているが,今,長いものは考えられない.昔に比べると生活設計の時間が短くなってきた.つい投げやりになる.今の世界の人のものの見方,考え方の特徴は,やっぱりこの問題の見通しがつかないところから色づけられている.平和の理想像だけを言っていたのでは始まらない.平和の問題をどうしたら見通しづけられるか,自分の問題として取り組み,思想的な遍歴の挙句に親鸞聖人の歎異抄に到って,「これだ!この教えあってこそ初めて平和の問題に対する見通しは明らかになる」と深くこれを喜び,トインビーにその見解を支えられながら,先に『現代に生きる歎異抄』を著し,その後,同志相寄って歎異抄研究会を組織し,東洋文庫を発刊したのは,日銀の行員で,仏教に縁のなかった人であった.
“また外国では戦後,一世を風靡した老哲学者ハイデッガーが老後の日記にて「今日,英訳を通じて初めて東洋の聖者親鸞の歎異鈔を読んだ.『弥陀の五劫思惟の願を案ずるにひとえに親鸞一人がためなりけり』とは,何んと透徹した態度だろう.もし十年前にこんな素晴らしい聖者が東洋にあったことを知ったら,自分はギリシャ・ラテン語の勉強もしなかった.日本語を学び,聖者の話しを聞いて,世界中にひろめることを生きがいにしたであろう.遅かった」と書いている.更に「自分の側には日本の哲学者,思想家だという人が三十名近くも留学して弟子になった.ほかのことではない.思想・哲学の問題を随分話し合ってきたが,それらの接触を通じて,日本にこんな素晴らしい思想があろうなどという匂いすらしなかった.日本の人たちは何をしているのだろう.日本は戦いに敗けて,今後は文化国家として世界文化に貢献するといっているが,私をして言わしむれば,立派な建物も美術品もいらない.なんにも要らないから,聖人の御教えの匂いのある人間になって欲しい.商売,観光,政治家であっても,日本人に触れたら何かそこに深い教えがあるという匂いのある人間になって欲しい.そしたら世界中の人々がこの教えの存在を知り,フランス人はフランス語を,デンマーク人はデンマーク語を通して,聖人の御教えをわがものとするであろう.そのとき世界の平和に対する見通しがはじめてつく.二十一世紀文明の基礎が置かれる」と述べている.
ここに改めて我々のなすべきことは何であるか.聖人がなんとおっしゃったかということを超えて,今の私の日暮らしを御覧になったらなんとおっしゃるであろうか.回顧,反省させて頂き,その場から身にかけて実践する.実践によってあらたな問いを持つ.問いをもって聖教をふり返る.聞かして頂いたところから身にかけて実践する.身体で念仏する日暮らしにかえらせて頂くことが,私どものなすべき唯一の方途の営みであることをしみじみ頂くことである.

この文章を書いた松野尾潮音(マツノオ・チョウオン,1921-1999)氏は,彼の著書のひとつ:『仏教と浄土真宗』をわざわざ参照してくれた人からの情報によると,東大でインド哲学を専攻した浄土真宗本願寺派の僧侶であり,愛知県岡崎市にある明願寺の住職をしていた:

しかしながら,上の文章において,キューバ危機に関する話はいかにも創作めいているし,「東洋文庫」に関する記述も Internet 上の情報からは裏付けすることができなかった.そして,Heidegger に関して述べられていることは,全くの作り話であると断定せざるを得ない.見て行こう.

Heidegger は,1976年5月に満86歳8ヶ月で亡くなる.1963年の時点では74歳,死去までまだ12-13年ある.仮に彼が普通の意味での日記をつけていたとしても,それが1963年より前の時点で部分的にでも公表されたということはあり得ない.

そもそも,彼の日記と言えるようなもので公表されたものは,2014年に出版が開始され,Heidegger の「反ユダヤ主義」に関して現在大変な話題になっている「黒ノート」以外には無い.現時点で,彼の「黒ノート」は,Gesamtausgabe の第94巻から第97巻として,1931年から1948年までの部分が出版されている.わたしはまだ自分でそれら全部を読んではいないが,そこに親鸞や歎異抄への言及があるとは伝え聞いていない.もし仮に松野尾潮音氏が述べているようなことが記されているなら,当然ながら,「反ユダヤ主義」と同じ程度に話題になることだろうが.

たまたま1963年には,タイ人仏教僧 Bhikku Maha Mani が Heidegger を訪ねてきている.その際のふたりの対談は映像記録として残されており,また,Gesamtausgabe 第16巻にその部分的テクストが収録されている.

そこにおいて,「あなたは何十年にもわたり人間の本有について熟思なさってきましたが,どのような洞察に到達しましたか?」と問う仏教僧に対して,Heidegger (Gesamtausgabe, Band 16, pp.590-591) はこう答えている:

「わたしの思考の決定的な経験 – つまり,西洋の哲学にとっては,西洋的思考の歴史の思い起こし – は,次のことをわたしに示現しました:従来の思考において決して措定されなかった問いがひとつある.それは即ち,存在に関する問いです.そして,その問いが有意義であるのは,我々は西洋的思考において人間の本有を次のことによって規定するからです:即ち,人間は,存在へ応語することによって,存在との関係において立ち,実存している,ということ.つまり,人間は,そのような応語するものとして,言語を有する存有である.仏教とは異なり – とわたしは思いますが –,西洋的思考においては,人間とほかの生物 – 植物や動物 – との間には,本有的な区別が為されています.人間は,言語を有するということによって特徴づけられています.即ち,人間は,存在との知的関係 – そこにおいて人間は存在を知り得るところの関係 – に立っている,ということによって特徴づけられています.しかるに,存在に関する問いは,西洋的思考のこれまでの歴史においては措定されませんでした.あるいは,よりはっきり言えば,この観点においては,これまで存在は人間に対して己れを秘匿してきました.であるがゆえに,わたしの確信によれば,存在に関する問いは今や措定されねばならないのです.同時に,人間とは何であり,誰であるかという問いに対する答えを得るためにも.」

明らかに,Heidegger は仏教に対する思い入れのようなものは一切持っていない.Heidegger にとって関わっているのは,あくまで,前ソクラテス哲人たちから形而上学を経て Nietzsche に至る西洋的思考のなかで,言語の構造において己れを示現しつつ秘匿してきた存在の史実である.

1963年前後の Heidegger の非常に重要なテクスト,1962年の『時間と存在』においても,1964年の『哲学の終焉と思考の課題』においても,東洋思想や仏教への言及は皆無である.

なぜなら,Heidegger が目ざしているのは,西洋的形而上学の限界を東洋思想への逃避によって覆い隠すことではなく,而して,形而上学の行き詰まりをその源初を成す存在の真理の深淵へ遡ることによって超克することだからである.

以上によって,松野尾潮音氏の述べていることが全くの作り話であることは明白である.

「十年前に親鸞を知っていたなら,ギリシャ語もラテン語も学ばなかった」というくだりは,まったくの噴飯ものである.Heidegger の年代の知識人は,中学校から大学にかけて,古典古代の言語と教養を徹底的に叩き込まれて育っている.

さらに,「今日,英訳を通じてはじめて東洋の聖者親鸞の歎異抄を読んだ.弥陀の五劫思惟の願を案ずるにひとえに親鸞一人がためなりけりとは,何んと透徹した態度だろう」というくだりの「弥陀の五劫思惟の願を案ずるにひとえに親鸞一人がためなりけり」という文は,「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば,ひとえに親鸞一人が為なりけり」という歎異抄の原文のほぼ正確な引用である.しかし,もし仮に松野尾潮音氏の言うとこが事実であるなら,Heidegger は歎異抄を英訳で読み,自分の日記には英文をさらにドイツ語に翻訳したはずであろう.そしてそれをさらに誰かが日本語に翻訳したことになる.そのような多重翻訳を経て,歎異抄の日本語原文がほぼ正確に再現され得るはずはない.しかるに,引用が正確であるのは,それを含むくだりが松野尾潮音氏の作文であるからだ,と推測するのが自然である.

また,「何にも要らないから聖人の御教えの匂いのある人間になって欲しい.商売,観光,政治家であっても日本人に触れたら何かそこに深い教えがあるという匂いのある人間になって欲しい」という文については,Heidegger のテクストにこのような比喩的意味における「匂い」という語が登場したのを見かけたことは一度も無い.これも,線香の煙のなかで暮らしている仏教僧ならではの作文である.

松野尾潮音氏は既に故人である以上,彼自身に事実を確認することはもはや不可能である.しかし,以上に検証したとおり,彼が Heidegger に関して言っていることは全くの作り話にほかならない.彼は,仏教業界紙用の彼の作文が Heidegger 読者の目にとまることはあるまいと想定していたであろう.親鸞会が布教目的で彼の文章を引用して,Internet 上で不特定多数の目に触れるようにすることになろうとは,彼は予想だにしていなかったに違いない.

Heidegger と歎異抄に関する松野尾潮音氏の文章の利用を親鸞会が中止するかどうか,今後ときどき調べねばならないだろう.Heidegger についてよく知らない人々をたぶらかすのは速やかにやめてほしいものである.

2 件のコメント:

  1. この「ハイデガーは晩年,歎異抄に驚嘆し,親鸞聖人に帰依した」とする松野尾潮音氏の文章とほぼ同じものが、昭和44年から57年に浄土真宗親鸞会が発行した、親鸞会会長、高森顕徹著「こんなこと知りたい」1~4巻のすべての「はしがき」に記述されています。
    この本は親鸞聖人の教えをQ&Aで解説したというものですが、読者対象を親鸞会会員としているためか、富山県射水市にある親鸞会館内でしか購入できません。
    この本のはしがきが虚偽の文章を転用したものであると同様に、本文も親鸞聖人の教義を歪曲したことが少なからず書かれています。
    高森会長の著作物には、伊藤康善氏や大沼法龍氏の著作から盗作したと思われる記事が多々あることからも、このハイデガーの記述が高森会長に都合のいい文章だったので何ら検証もせず転用したのでしょう。

    返信削除
  2. コメントくださり,ありがとうございます.Heidegger に言及している YouTube の話しも,親覧会の site の記事も,2015年7月13日の時点では削除も訂正もされていません.そのことが,親覧会が如何なるものであるかを雄弁に物語っています.

    返信削除