2020年7月19日

木村佳代子氏の芸術

  Tulip

Tulip (detail)

Bud of Morning Glory
 
 Datura

Datura (detail)
 
 Peony

Peony (detail)
 
Peony
 
 Peony (detail)

 Peony (detail)

Medinilla Magnifica
 
 Medinilla Magnifica (detail)



木村佳代子氏の芸術



2020年07月06日から18日まで Gallery Gyokuei[玉英]で催された彼女の個展 Parallel で 木村佳代子氏の作品を 初めて見た.

Instagram に提示されている彼女の作品の写真に添えられている いくつかの hashtag 付きの単語のなかに見出される 物理学用語 event horizon と ergosphere は,彼女の描く 花 ないし 蕾 は それらの surréalité において black hole を保匿するものである,ということを 示唆している.そして,彼女の作品を実際に見ると感ぜられるが,まさに そのように みごとに描かれている.

我々は,black hole の代わりに,trou apophatico-ontologique[否定存在論的孔穴]と言う.その穴は,彼女の作品において,書かれないこと(描かれないこと)をやめない「死」から,書かれること(描かれること)をやめない「永遠の命」へと 昇華される.そのとき,否定存在論的孔穴は 終末論的にして源初論的な主体 $ の穴として 成起し,そして,そこから出発する「無からの創造」(creatio ex nihilo) として 芸術的創造は 成起する.

Heidegger は 芸術作品について こう言っている : im Werk ist das Geschehnis der Wahrheit des Seins am Werk[芸術作品において,存在の真理の成起が 現動的となっている].書かれないこと(描かれないこと)をやめなかった 存在の真理(主体 $ の真理)は,芸術作品という Dichtung[詩,虚構]において — その fictivité surréelle において — 書かれること(描かれること)をやめないものとして,現動的となる.

木村佳代子氏の作品は,そのことを 我々に 確かに証言している.そこにおいて,花弁たちは,ひとつの あるいは 無数の 裂け目を 美しく 形成する  その(それらの)裂け目こそ,否定存在論的孔穴の現在化である.

木村佳代子氏は,1971 年に 生まれ,1994 年に 東京芸大を卒業し,1999 年に 東京芸大博士課程を満期退学し,その後も,いたって順調に 画家としての芸術人生を歩んできているように見える.しかるに,彼女は,芸大に入る前に,尋常ならざる試練を受けていた:受験を控えた 高校 3 年生の冬,激しい腹痛と不正性器出血が 彼女を襲った.卵巣癌によるものと診断された.17 歳の 少女は,外科手術と 想像を絶する苦しさを伴う化学療法(抗癌剤治療)を 受けた.予後は 決して楽観できるものではなかった.しかし,奇跡的にも,癌の転移や再発は防がれ,完全治癒が得られた.

彼女の描く花の静謐さは,死と無の穴に直面しつつ 不安を耐え抜いた者による 神秘的な昇華の証言である.

0 件のコメント:

コメントを投稿