2018年6月3日

東京ラカン塾 2018年 夏季特別講義 : Séminaire XI『精神分析の四つの基礎概念』再読

東京ラカン塾 2018年 夏季特別講義

‒ Séminaire XI『精神分析の四つの基礎概念』再読



東京ラカン塾精神分析セミネール 2018年 夏季特別講義開催のお知らせ

Lacan 入門書として定評のある Séminaire XI『精神分析の四つの基礎概念』を初学者のために再び取り上げ,新たに否定存在論的観点からその読解と解説を試みます.日程は次のとおり:

第 1 回:7月06日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 2 階 C 会議室

第 2 回:7月13日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 3 階 D 会議室

第 3 回:7月20日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 2 階 C 会議室

第 4 回:7月27日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 2 階 B 会議室


会場:文京区民センター(所在地:文京区 本郷 4-15-14)

もし必要があれば,8月03日の同じ時間帯に,同じく文京区民センター内の会議室のいずれかにて,第 5 回を行うかもしれません(今のところ未定).

参加費は無料,事前の申込も不要です.当日,会場に直接来て下さい.毎回部屋が異なりますので,留意してください.

テクストは各自用意してください.

Seuil 版,Staferla 版,英訳,邦訳を こちら から download することもできます.

Séminaire XI の構成は次のとおりです:

第 I 章 : 破門
第 1 部 (II - V) : 無意識と反復

第 2 部 (VI - IX) : 客体 a としてのまなざしについて

第 3 部 (X - XV) : 転移と本能

第 4 部 (XVI - XIX) : 他の場,および,転移に関する再論
第 XX 章 : あなたのなかに,あなた以上のものが
後書


以上のように,おおまかに言って,四部から成っていますので,各部を一回の講義で説明すれば,四回の講義で Séminaire XI 全部を解説することができます.もし不十分なら,8月03日に五回目を付け足します.

なぜ Séminaire XI は記念碑的なのか? ‒ その背景を説明しておきましょう.

Lacan は,1963年の夏休み前までは,Société française de psychanalyse において,精神分析家養成のための教育活動として,彼の Séminaire を行っていました.その聴衆は,もっぱら,精神分析家,および,精神分析家になるために Lacan から教育分析を受けている精神科医または clinical psychologist たちでした.

しかし,1963年11月,International Psychoanalytical Association が Lacan を「異端」として排除することを決定したのを受けて,Lacan は,1964年,独自の精神分析家養成機関 Ecole freudienne de Paris を設立するとともに,彼の Séminaire の場所を新たに Ecole normale supérieure (ENS) の講堂に得ます.

そのため,Séminaire XI 以降,ENS の学生,人文系の研究者,哲学者,文学者,等々,教育分析を受けている者でも精神分析家でもない聴衆が,とても多くなります.

そのような聴衆  特に,精神分析に初めて接する若い人々 ‒ のために,Lacan は,Séminaire XI において,改めて Freud のテクストに立ち戻り,「初歩的」とも見える解説を加えます.

「Séminaire XI は,最良のラカン入門書だ」と昔から評価されているのは,それがゆえにです.

この夏季特別講義は,Lacan の全体像を短期間に把握する好い機会となるでしょう.

0 件のコメント:

コメントを投稿