2018年6月3日

東京ラカン塾 2018年 夏季特別講義 : Séminaire XI『精神分析の四つの基礎概念』再読

東京ラカン塾 2018年 夏季特別講義

‒ Séminaire XI『精神分析の四つの基礎概念』再読



東京ラカン塾精神分析セミネール 2018年 夏季特別講義開催のお知らせ

Lacan 入門書として定評のある Séminaire XI『精神分析の四つの基礎概念』を初学者のために再び取り上げ,新たに否定存在論的観点からその読解と解説を試みます.日程は次のとおり:

第 1 回:7月06日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 2 階 C 会議室

第 2 回:7月13日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 3 階 D 会議室

第 3 回:7月20日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 2 階 C 会議室

第 4 回:7月27日(金曜日)19:30 - 21:30
文京区民センター 2 階 B 会議室


会場:文京区民センター(所在地:文京区 本郷 4-15-14)

もし必要があれば,8月03日の同じ時間帯に,同じく文京区民センター内の会議室のいずれかにて,第 5 回を行うかもしれません(今のところ未定).

参加費は無料,事前の申込も不要です.当日,会場に直接来て下さい.毎回部屋が異なりますので,留意してください.

テクストは各自用意してください.

Seuil 版,Staferla 版,英訳,邦訳を こちら から download することもできます.

Séminaire XI の構成は次のとおりです:

第 I 章 : 破門
第 1 部 (II - V) : 無意識と反復

第 2 部 (VI - IX) : 客体 a としてのまなざしについて

第 3 部 (X - XV) : 転移と本能

第 4 部 (XVI - XIX) : 他の場,および,転移に関する再論
第 XX 章 : あなたのなかに,あなた以上のものが
後書


以上のように,おおまかに言って,四部から成っていますので,各部を一回の講義で説明すれば,四回の講義で Séminaire XI 全部を解説することができます.もし不十分なら,8月03日に五回目を付け足します.

なぜ Séminaire XI は記念碑的なのか? ‒ その背景を説明しておきましょう.

Lacan は,1963年の夏休み前までは,Société française de psychanalyse において,精神分析家養成のための教育活動として,彼の Séminaire を行っていました.その聴衆は,もっぱら,精神分析家,および,精神分析家になるために Lacan から教育分析を受けている精神科医または clinical psychologist たちでした.

しかし,1963年11月,International Psychoanalytical Association が Lacan を「異端」として排除することを決定したのを受けて,Lacan は,1964年,独自の精神分析家養成機関 Ecole freudienne de Paris を設立するとともに,彼の Séminaire の場所を新たに Ecole normale supérieure (ENS) の講堂に得ます.

そのため,Séminaire XI 以降,ENS の学生,人文系の研究者,哲学者,文学者,等々,教育分析を受けている者でも精神分析家でもない聴衆が,とても多くなります.

そのような聴衆  特に,精神分析に初めて接する若い人々 ‒ のために,Lacan は,Séminaire XI において,改めて Freud のテクストに立ち戻り,「初歩的」とも見える解説を加えます.

「Séminaire XI は,最良のラカン入門書だ」と昔から評価されているのは,それがゆえにです.

この夏季特別講義は,Lacan の全体像を短期間に把握する好い機会となるでしょう.

2018年5月10日

『LGBTQ と カトリック教義』のなかの formules de sexuation にかかわる一節



LGBTQ と カトリック教義』のなかの formules de sexuation にかかわる一節


さて,神に性別は無い.CCE (Catechismus Catholicae Ecclesiae) nº 370 において述べられているように,神は,たとえ Jesus によって「父なる神」と呼ばれてはいても,純粋霊気であって,性別を持たない.

言い換えると,神は純粋 存在 である,すなわち,そのものとしては空(から)の解脱実存的在処である.

にもかかわらず,神は「父なる神」と呼ばれる.それは,社会学者やフェミニストが考えるように,単に,歴史的な家父長制の名残にすぎないのだろうか?そうではない.

Lacan は,不可能な父の phallus について思考することから出発する.

「不可能」とは,この場合,「書かれないことをやめない」ことである.

したがって,「不可能である」ことは,単純に「欠如している」こととは異なる.後者は「存在事象の次元において不在である,見出されない」ことであるのに対して,前者は,「存在 の解脱実存的な在処 (ek-sistente Ortschaft des Seins) において,書かれないことをやめない」ことである.

そのような不可能な父の phallus の不可能性のゆえに,性関係は不可能である.Lacan は「性関係は無い」と公式化しているのは,そのことである.

男女の存在論的な性別は,不可能な父の phallus との関係によって規定される.

Lacan formules de sexuation[性別の公式]と呼ぶ形式論理学的な式に若干手を加えたものを,提示しよう:

: ("x) FI(x) Ù ($x) FR(x)

: Ø("x) FI(x) Ù Ø($x) FR(x)

ここで,Ø は,形式論理学の通常の表記と同様に,否定の記号であり," は「すべての」である.

$ は,通例,「... が現存する」(il existe) を表すが,ここでは「... が解脱実存する」(il ex-siste) を表すものと解釈される.

FR は,le phallus réel[実在的なファロス],すなわち,不可能な 書かれないことをやめない 父のファロスである.

FI は,le phallus imaginaire[影在的なファロス]である.それは,Freud が性本能の発達段階に関する考察のなかで小児の phallische Phase[ファロス期]と呼ぶ段階においてかかわる男の自我理想 [ Ich-Ideal ] としての phallus である.その自我理想との同一化が,存在論的な「男である」を規定する.

以上の論理式を用いて Lacan が説明しようとしたのは,次のような事態である:

まず,「男である」の側を特徴づけるのは,($x) FR(x) 論理式 FR(x) を満たす x ex-sistence[解脱実存]の仮定である.すなわち,父なる神の解脱実存の仮定である.それによって,初めて,男の自我理想としての phallus FI が可能となる.

言い換えると,むしろ,phallus FI の可能性の条件として,ex-sistent[解脱実存的]な phallus FR の仮定は要請される.

さて,ひとつの存在事象である或るひとりの人間が存在論的に言って「男である」とは,その者が論理式 FI(x) を満たす,ということである.

論理式 ("x) FI(x)[すべての x について FI(x) である]によって,我々は, FI(x) を満たす存在者すべてによって構成される集合を,措定することができる.それが,男の集合 M である:

M = { x | FI(x) }

男の集合 M は,ひとつの集合として,現存する.

以上のような「例外的な x が解脱実存する」の仮定(父なる神の解脱実存の仮定)と「すべての x について」の措定(男の集合の措定)とが,男の側の構造を規定する.

それに対して,「女である」の側においては,式 Ø($x) FR(x) が示唆しているように,父であるような者の解脱実存は仮定されず,そのような者は現存もしていない.

また,女の側においては,ひとつの存在事象である或るひとりの人間が「女である」ことを存在論的に規定する論理式は,無い.

つまり,「x は女である」と肯定的に言うことはできず,「x は男ではない,男の集合 M に属してはいない」と否定的に言うことしかできない.

Ø("x) FI(x) が示唆しているのは,男の集合 M の外部という不確定な領域である.

ということは,女の側には,単に「女である」だけではなく,「男でも女でもない」や「男なのか女なのか,わからない,定まっていない,流動的である」などの queer であることのあらゆる存在論的多様性 「男である」の規範性に当てはまらないことのあらゆる存在論的多様性 が位置づけられる,ということである.

以上が,存在論的性別 (sexuation ontologique) に関するおおまかな説明である.

存在論的性別は,生物学的性別とはまったく別の次元のことである.生物学的な女性が存在論的には男性であることもあり得,生物学的な男性が存在論的には男性ではないこともあり得る.

transgender の人々の自身の実存に関する証言は,性別に関する固定観念や先入観から我々を解放してくれ,性別づけられて在ることに関してより適切に思考することを可能にしてくれる.

2018年4月23日

Hölderlin, Germanien


Hölderlin, Germanien (die ersten zwei Strophen)

Nicht sie, die Seligen, die erschienen sind,
Die Götterbilder in dem alten Lande,
Sie darf ich ja nicht rufen mehr, wenn aber
Ihr heimatlichen Wasser ! jezt mit euch
Des Herzens Liebe klagt, was will es anders,
Das Heiligtrauernde ? Denn voll Erwartung liegt
Das Land und als in heißen Tagen
Herabgesenkt, umschattet heut
Ihr Sehnenden ! uns ahnungsvoll ein Himmel.
Voll ist er von Verheißungen und scheint
Mir drohend auch, doch will ich bei ihm bleiben,
Und rückwärts soll die Seele mir nicht fliehn
Zu euch, Vergangene ! die zu lieb mir sind.
Denn euer schönes Angesicht zu sehn,
Als wärs, wie sonst, ich fürcht’ es, tödlich ists,
Und kaum erlaubt, Gestorbene zu wecken.

Entflohene Götter ! auch ihr, ihr gegenwärtigen, damals
Wahrhaftiger, ihr hattet eure Zeiten !
Nichts leugnen will ich hier und nichts erbitten.
Denn wenn es aus ist, und der Tag erloschen,
Wohl triffts den Priester erst, doch liebend folgt
Der Tempel und das Bild ihm auch und seine Sitte
Zum dunkeln Land und keines mag noch scheinen.
Nur als von Grabesflammen, ziehet dann
Ein goldner Rauch, die Sage drob hinüber,
Und dämmert jezt uns Zweifelnden um das Haupt,
Und keiner weiß, wie ihm geschieht. Er fühlt
Die Schatten derer, so gewesen sind,
Die Alten, so die Erde neubesuchen.
Denn die da kommen sollen, drängen uns,
Und länger säumt von Göttermenschen
Die heilige Schar nicht mehr im blauen Himmel.

ならぬ,我れはもはや呼んではならぬ,
かつて現れた至福なる彼らを,
いにしえの国の神々の姿を,
だが,汝れら,郷里の水たちよ!今や汝れらと共に
心の愛が嘆くとき,ほかに何を欲するのか
神聖に喪を悲しむ心は?そも,予期に満ちて
里は横たわる,して,汝れら,憧れる者らよ!
暑き日々における如く,今日,日が没すると,
ひとつの天が,不吉な予感に満ちて,我れらを夜陰で取りまく.
それは,約束に満ちているが,
我れには,脅すようにも見える,だが,我れはそのもとに留まろう,
して,我が魂は,後へ逃げ戻ってはならぬ
汝れら,過ぎ去りし者らのもとへ!我れにはあまりに愛おしくとも.
そも,かつてと変わらぬかの如く,
汝れらの美しい顔を見ることは,恐ろしくも,死をもたらす
して,死せる者らを呼び覚ますことは,まず許されない.

逃げ去りし神々よ!現在的な汝れらよ,汝れらも,かつては
より真なるものだった,汝れらの時代があった!
我れは,何も否むまい,して,何も請うまい.
そも,日が果て,陽光が消えたとき
いかにも,闇は,まず司祭を射る,だが,
神殿も,神像も,また,彼のならいも,喜んで彼のあとに従う
冥き国へ.して,なおも輝き得るものは何も無い.
ただ,そのとき,火葬の炎からの如く,黄金の煙が,伝説が,
上へ,こなたへ,たなびいてくる,
して,我れら疑心にとらわれた者の頭の周りに,今や薄明をもたらす,
して,誰も知らぬ,如何なることが身に起こるかを.
かつてありし者らの影が
いにしえの者らが大地を新たに訪うのが,感ぜられる.
そも,将に来たるべき者らが,我れらに迫る
して,神人らの聖なる大群は,
青き天で,もはやひとときも躊躇しない.

Heidegger, Brief über den »Humanismus«


Heidegger (GA 9, pp.351-352), Brief über den »Humanismus«

Das Denken, das aus der Frage nach der Wahrheit des Seins denkt, fragt anfänglicher, als die Metaphysik fragen kann. Erst aus der Wahrheit des Seins läßt sich das Wesen des Heiligen denken. Erst aus dem Wesen des Heiligen ist das Wesen von Gottheit zu denken. Erst im Lichte des Wesens von Gottheit kann gedacht und gesagt werden, was das Wort »Gott« nennen soll.

Oder müssen wir nicht erst diese Worte alle sorgsam verstehen und hören können, wenn wir als Menschen, das heißt als ek-sistente Wesen, einen Bezug des Gottes zum Menschen sollen erfahren dürfen ? Wie soll denn der Mensch der gegenwärtigen Weltgeschichte auch nur ernst und streng fragen können, ob der Gott sich nahe oder entziehe, wenn der Mensch es unterläßt, allererst in die Dimension hineinzudenken, in der jene Frage allein gefragt werden kann ?

Das aber ist die Dimension des Heiligen, die sogar schon als Dimension verschlossen bleibt, wenn nicht das Offene des Seins gelichtet und in seiner Lichtung dem Menschen nahe ist.

Vielleicht besteht das Auszeichnende dieses Weltalters in der Verschlossenheit der dimension des Heilen. Vielleicht ist dies das einzige Unheil.

存在の真理に関する問いから出発して思考する思考は,形而上学が問い得るよるもより源初的に問う.存在の真理から出発してこそ,初めて,聖なるものの本有は思考され得る.聖なるものの本有から出発してこそ,初めて,神性の本有は思考さるべきである.神性の本有の光のなかにおいてこそ,初めて,「神」という語が何を名ざしているはずであるのかを思考し,言うことができる.

あるいは,我々が人間として,すなわち,解脱実存的な本有として,神と人間との関係を経験してよいことになるときに,初めて,我々は,それらの語 [ heilig, Gottheit, Gott ] をすべて入念に了解し,聴くことができるはずではないか?では,如何にして,現代という世界史時代の人間は,〈其こにおいてのみあの問い[存在の真理に関する問い]が問われ得るところの次元へまずはみづから入りつつ思考することを〉怠るときにのみ,「神は,近づいて来てくれているのか,それとも,遠ざかって行ってしまっているのか」を真摯かつ厳密に問い得ることになるのだろうか?

而して,その〈其こにおいてのみあの問い[存在の真理に関する問い]が問われ得るところの〉次元とは,聖なるものの次元である.その聖なるものの次元は,既に,次元としては,閉ざされたままである もし,存在の開在が,朗開され,その朗場において,人間に近しいのでなければ.

おそらく,今の時代を特徴づけるものは,das Heile[そこなわれていないもの,欠けたところのないもの]の次元が閉ざされたままであることに存する.おそらく,それが唯一の災難 [ das Unheil ] である.